『ギォーツの空』

ふと立ち止まる
何かの気配をそこに感じて
左の肩越しに
ゆるりとこうべをめぐらせる

一陣の風が・・・